ストレス社会の世の中
*
ホーム > 地域情報 > 免責不許可となる要素

免責不許可となる要素

民事再生という方法は住宅ローンを含め複数ある債務に苦しんでいる個人をターゲットに、住宅を維持したまま経済的に立ち直っていくための法的機関を通した債務の整理の方法として2000年11月に施行された解決策です。

 

この制度には、自己破産とは違って免責不許可となる要素はないために、競馬などで借りたようなときでも取れますし、破産手続きをしてしまうと業務が行えなくなる可能性がある免許で生計を立てている方でも民事再生手続きは可能です。

 

破産の場合だと、住宅を対象外にすることはできませんしその他の債務処理では元金自体は戻していかなくてはなりませんので、住宅のローンも払いながら払っていくことは現実として簡単ではないでしょう。

 

といっても、民事再生という方法を選択することができれば住宅ローン以外の借金は減額することも可能なため、余裕を持ちながら住宅ローン等を支払いつつあとの借入金を返していくことも可能ということになります。

 

ただ、民事再生という手段は任意整理または特定調停といった処理とは異なって一定の借り入れだけを省いて処理していくことは許されていませんし破産におけるように債務それ自体消えてしまうということではありません。

気になる気になるブログ

他の解決手順と比べて手順が煩雑で手間が必要ですので、住宅ローンなどを持っていて住んでいる家を維持していきたいような状況以外において、破産等のそれ以外の債務整理ができない際における解決方法とみなした方がいいと思います。

 


関連記事

免責不許可となる要素
民事再生という方法は住宅ローンを含め複数ある債務に苦しんでいる個人をターゲットに...
保証人を立てる
破産手続きで抱えるローンに関し保証人を立てている場合には事前にきちんと相談をして...