ストレス社会の世の中
*
ホーム > 独り言 > スプレッドのルール

スプレッドのルール

「スプレッド」とはFX取引は外貨を売買して差益を得る投資です。

 

値は常時上がったり下がったりします。

 

これがマーケットです。

 

ラジオを聞いていると通貨のマーケットのニュースが流れる状況があります。

 

見かけるのが、「為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを示しています。

 

言い換えると、取引には、買値と売値の2個の値が存在する事を示しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX取引会社も存在しています。

 

普通は買値よりも売値のほうが低い値段に定められています。

 

私達が買値は高く、売値は低くなるのです。

 

その差をスプレッドといい、取引業者の収入といわれています。

 

スプレッドの差はFX業者によって変わります。

 

スプレッドの広さは自分にとって手数料になるので、低いFX業者をセレクトするほうが得です。

 

ただ、同じFX取引会社でも場面によってスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。

 

例えば通常はドル円のペアで1銭のスプレッドの広さでも、市場の上下がとても大きいケースでは大きくなったりする場面があります。

 

という訳で、スプレッドの広さが狭いのと合わせて変わらないということが肝心です。

 

現在では固定でスプレッドの差を提示する取引会社もいろいろあったりします。

 

実際に取引業者のトレード画面上で相場を見て確認しなければ区別できないのですが必要不可欠な事です。

http://blog.livedoor.jp/bae7g98e677/

貴重なお金を使って注文をするのだから、本当の売買の前に関心があるFX業者の新規取引口座開設を試してスプレッドの広さを確かめましょう。

 

同じ通貨でも、そのタイミングの外国為替市場のボラティリティによって通貨ペアのスプレッドの広さは異なります。

 

たいがい、インターバンクマーケットで取引高が多い通貨の組合せではスプレッドが小さく残りの外貨ではスプレッド幅が広くなる事がよくあります。

 


関連記事

こすりたくなるのはガマン。こすらないスキンケア実行中。
ニキビに悩む私は、どうしても老廃物とかが気になって、一生懸命に落とそうと頑張った...
スプレッドのルール
「スプレッド」とはFX取引は外貨を売買して差益を得る投資です。   値...